おくすりまめちしき

アクセスカウンタ

zoom RSS Q92 クスリを飲むのが苦手です。いい方法がありますか?

<<   作成日時 : 2015/10/20 10:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

このメルマガでも、折に触れクスリの形ごとに飲みやすくする工夫をお伝えしてき
ましたね。大人になっても「この薬は飲みにくい」ということは少なくないもの。
ここで、まとめてみようと思います。

粉薬(粉末・顆粒状のお薬):
 味や匂いも効果を出すために必要なので、できるだけそのまま飲み込めるよう、
あらかじめ口に水を含んでおいて流し込みます。お薬の入った袋を斜めに(対角線
に)切ると、上手に口に入りますよ。どうしてもむせてしまう場合やお子さまには、
オブラートや専用のゼリーで包んであげてもいいでしょう。お薬の種類によっては
ヨーグルトなどに混ぜても大丈夫なものもあります。

錠剤(粒状のお薬):
 効果を出やすくする様々な工夫があるので、基本的には噛み砕いてはいけません。
小さい方が飲みやすければ、砕いて大丈夫かを薬局で相談してみましょう。場合に
よっては、より粒の小さいお薬へ変更できることもあります。飲み込むのが苦手な
方は、粒の小さなお菓子などで練習してみると必ずできるようになります。イスに
座って落ち着いて、真上の電灯を見上げると同時に水を飲み込む感じで…がコツ。
一般に、小学校中学年以上になればノドの太さが薬を通さないサイズということは
ありませんし、食事のときなど錠剤サイズより大きい物も必ず飲み込めているはず。
水を多めに飲むのがポイントです。

カプセル剤:
 水の中で浮いてしまうため錠剤と同じ方法では飲み込みにくく、苦手意識をお持
ちの方が多いですね。口に水を含んでカプセルを入れたら、アゴを引いてちょっと
下を向いてみてください。ノドの入り口に自然と近づき飲みやすくなります。粘膜
に張り付いてしまいやすいので、水なしで飲むのは厳禁!

お湯に溶いて飲む風邪薬や、お子さん向けのドライシロップ製剤などは水に溶かす
ことで飲みやすい味になるよう作られています。漢方薬もお湯で溶いて飲みたいも
の。赤ちゃんには、粉薬を少量の水で練って頬の裏や上あごに貼る方法もあります。
せっかくお薬を飲むのなら、決められた量をしっかり飲んで効果をきちんと出した
いですよね。上記のポイントをお試しの上、どうしても苦手だなあ…という場合は
薬局で薬剤師に相談すると、違うかたちのお薬を探してもらえると思いますよ。

月別リンク

Q92 クスリを飲むのが苦手です。いい方法がありますか? おくすりまめちしき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる