おくすりまめちしき

アクセスカウンタ

zoom RSS Q91 水虫薬のCMが気になる頃。やっぱり新製品の方が効くの?

<<   作成日時 : 2013/09/25 14:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

本格的な梅雨のジメジメした気候にはまだ間があるものの、シーズン前から早めの
対策が呼びかけられるようになってきましたね。初冬の風邪薬しかり、春先の花粉
症しかり…。ブーツの流行などで夏場の男性だけのものではなくなった「みずむし
症状」に関しても、かなり早い時期から宣伝を目にする機会が増えています。

特に最近では、薬局でも購入できる薬に新しい成分が配合されるようになりました。
新しい成分というのは、病院で受診しないと頂けなかった薬の成分。つまり、有効
性・安全性が十分に保障されたために広く一般用として使われるようになったとい
うわけです。とはいえ、念のために有効成分の濃度は病院で出されるものより低め
になっています。花粉症や胃炎など他の疾患に対しても、こういった成分のお薬
(医療用医薬品の成分を配合したもの)が出ていますね。

これまで長い間、特に水虫薬の分野では新しい成分が市販されずにきました。今ま
でのお薬では効果を実感できなかったけど、毎年症状が出て…とお悩みの方には、
一度お試しいただく価値があると思いますよ。直接の有効成分だけでなく、痒みを
抑える成分を加えたり、メーカーによって添加剤が違ったり、と使用感も異なりま
す。あくまで最初は皮膚科専門医にて鑑別診断を受けるべきですが、クスリの違い
を気軽にいろいろ試せるのは市販薬のいいところ。持ち運びがしやすいとか、容器
の使い勝手がいいとかの点も含めて早めの時期から使い始めてみるのもいいかもし
れません。

より効果を出すために、具体的な使用法の注意点はバックナンバー(2001年
5月18日発行・20号)にてお話をしています。併せてご参照ください。
http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000041909

月別リンク

Q91 水虫薬のCMが気になる頃。やっぱり新製品の方が効くの? おくすりまめちしき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる