おくすりまめちしき

アクセスカウンタ

zoom RSS Q81 漢方薬と西洋薬は併用しても大丈夫なんでしょうか。

<<   作成日時 : 2010/04/08 21:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「喘息やアトピー等のアレルギーで飲み続けている薬があるが、風邪をひいて市販
の葛根湯を飲みたい」
「体質改善の漢方薬を飲み続けているけれど、急なケガで鎮痛剤や炎症止めを飲ま
なければならなくなった」
・・・などなど、病院・薬局で買った薬と漢方成分のお薬を一緒に使いたい、とい
うのは結構よく起こること。一番安心なのは、定期的にお薬を頂いている医療機関
に事前に相談しておくことですが、基本的に併用には問題ない場合がほとんどです。

というのは、漢方薬と西洋薬は効き目のメカニズムが異なるため。例えば、花粉症
で病院から出される薬は鼻水を止めたり目のかゆみを鎮めたりするもの。漢方薬で
は、体内の過剰な水分を排泄させたり、内臓を温めて機能を高めたりする働きのも
のが選ばれます。着眼点が違うため、『症状を抑える』+『根本原因に作用する』
という良い効果を生む場合の方が多くなるのです。ただしもちろん、きちんと経験
と知識のある医療の専門家が扱う、品質の良いお薬であることが大前提です。

そして、漢方薬独特の注意が必要な場合が幾つかあります。
病院から出される薬で、ステロイドホルモン製剤・利尿薬(高血圧や腎臓・心臓病
の薬)・喘息の発作を抑える薬・甲状腺ホルモン剤を飲んでいる方は、漢方薬服用
に際して必ず医師ならびに薬剤師に相談してください。特にステロイドの飲み薬は、
炎症を抑える幅広い作用を持ち、直接漢方薬の成分と重なって作用が強く出過ぎて
しまう可能性があります。全てのお薬がダメなのではなく、成分により異なるので
自己判断は禁物、ということです。

また、ごく少数ですが漢方薬の生薬成分自体にアレルギーのある方もおいでです。
「漢方薬」というイメージはなくても、最近の市販風邪薬や便秘薬など漢方成分を
配合しているものは増えていますからお気をつけくださいね。

月別リンク

Q81 漢方薬と西洋薬は併用しても大丈夫なんでしょうか。 おくすりまめちしき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる